お仏壇・お仏具の総合専門メーカー、小野屋漆器店のお仏壇辞典
小野屋漆器店TOP商品検索ギャラリー匠の技お仏壇辞典Q&A会社概要採用情報リンク個人情報





お仏具・お仏壇・お位牌・仏事等に関する決まり事やマナー








お仏間の設置場所

お住いの間取りによって、最適の場所は異なります。
風通しがよく、湿気が少なく、かつ直射日光が当たらない場所で次のような条件を 考慮される必要があります。
  • おちついて礼拝できる場所。
    人の出入りでざわついたりしない場所であること。
  • お給仕に便利で礼拝し易い場所
    日常の生活空間とかけはなれた場所では、日々の礼拝、お給仕がおっくうになります。
お仏壇の方向

この方向が良いとか悪いとか、いろいろなことを言う人がありますが、要は祀る心が大切です。 お仏壇の方向について、いわれがあると思われる説をご参考までに掲げます。
  • 南面北座説
    御本尊を南向きに安置し、北向きに礼拝する。北半球では南が明るい方向で、 「君子南面ス」という言葉があるように南に向かって座るのが上座とされています。
    従って、お仏間を南向きに設けます。
     
  • 西方浄土説
    仏間を東向けに設け、西向きに合掌、御本尊を礼拝すると同時に西方浄土を拝む形をとります。
     
  • 本山説
    御本尊に向かって合掌するとともに、御本山を礼拝するように仏間を設けます。
    本山との位置関係で方向が変わります。
     
お仏間の基本的な考え方

  • 仏間を設計される場合、お給仕の高さの関係で、仏間に造付けの地袋は付けない方が 良いでしょう。
    多くの場合、仏壇を安置する様になって、造付けらている地袋を取りのぞく事があり、 柱のキズが目立って、お座敷の美観を損なう事が多いようです。
    上置型仏壇の場合は、仏壇用置台を置かれる方が良いでしょう。
     
  • 仏間の上には、室や廊下等が無い方が良いのですが、設計上いたしかたない場合は、 仏間の上階には不浄なものを置いたり、人が出来るだけ乗らない様な配置を心掛ける 必要があります。
  • 法事などの多くの人が集まる事が多々ありますので、お仏間のある室には続き間を 計画される方が良いでしょう。
     
  • 仏間の上部は、天袋など付けない方が良く、又、クーラー等を設置しない方が 良いでしょう。
     
  • 仏間の開口の高さは、一般的にその室の鴨居高さを採用します。
    しかし、背の高いお仏壇(特に一間仏間の時)や敷居を3〜5寸上げた場合は、 お仏壇の高さに注意が必要です。
     
  • 鉄筋コンクリート造や、鉄骨造の様に柱の出る構造の場合、柱の出る位置には、 仏間を計画しないようにして下さい。又、梁型の高さにも注意が必要です。
     
  • 仏間用コンセントは、上部に取付ける方が、お仏壇に入線する場合、目立たない様です。 (側面に余裕がある場合には下部でも良いでしょう。)
    又、必ずスイッチ回路を設け、スイッチの位置は仏間の近くにする方が便利です。
     
  • 仏間の奥行は、出来るかぎり、深く取る様にして下さい。(90?以上が望ましい)
     
  • 設計の時に、専門店で事前にお仏壇の寸法や、安置方法について ご相談いただければ幸いです。
     
お仏壇の種類

お仏壇には、塗(ぬり)仏壇と、銘木唐木(からき)仏壇とがあります。
塗仏壇は、正式には、漆塗金仏壇といい、桧、杉、松、銀杏、槇、ケヤキ、 栓などの材質を用いて、漆塗りの金箔仕上げとなっております。
唐木仏壇は、木地仏壇ともいわれ、黒檀や紫檀といったずっしりと壮重な木地の 輝きを主張した仏壇です。他に材質には、鉄刀木、カリン、ローズウッド、 ケヤキ、桜、桑、クルミ、黒柿などが多く使われています。 仏壇の型には、上置型と台付型の2種類があり、さらにそれらが大型、 中型、小型に分かれています。
 

●全日本宗教用具協同組合WEBサイトより

Copyright(C) Onoyashikkiten 2008 All Right Reserved
株式会社 小野屋漆器店
本  部  事  業  所 :   福島県会津若松市インター西56番地の4
 TEL:0242−24−4040  FAX:0242-25-4182
蓮華彫りサービスセンター :   TEL:0242−24−4066  FAX:0242-24-4060
 
東  京  事  務  所 :   東京都台東区西浅草1の3の15
 NJ田原町ビル2階